がん免疫療法

副作用の少ない「がん免疫療法」

「がん」を告知された患者さんやご家族の方が、治療法として選択をせまられるものには、一般的に「抗がん剤治療」「放射線治療」「外科手術(患部の切除)」といった3つの治療法があります。これらの治療法は、がん細胞の力を弱めることを目的としています。早期のがんであれば、放射線治療や外科手術による治療計画が提案されるでしょう。また、進行したがん・転移したがんの場合は、全身を対象とした治療が必要となるため抗がん剤の使用も、並行して提案されます。

しかし、先端技術を駆使したこれらの治療法をもってしても、完全に克服できると言い切れないのが、現在の「がん治療」の事実です。また、これらの3大治療は、身体へのダメージや副作用が起こりがちなことは周知の通り。いくらがんを小さくしたり取り除いたりしても、日々生まれてくるがん細胞と戦うためには、患者さん自身の免疫力が不可欠となります。そこで、自らの血液から免疫力に関する成分を取り出し、強化・増殖させてから体内へ戻す「免疫療法」が、近年注目を集めています。

がん免疫療法とは?

がん免疫療法とは、患者さん自身の免疫力を増強することを目的とした治療法。自らの免疫システムを活用することで、副作用や拒絶反応のない治療を行うことができます。がんの進行を遅らせたり、腫瘍マーカー値を低下させたりできます。ただし「免疫療法のみ」でがんの完治が見込めるというほどの確実な効果があるとは断言できません。抗がん剤や放射線治療などと併用したり、補完的に行われたりするケースがほとんどです。がん細胞を弱らせたうえで、免疫療法を行うことで、がんの縮小・消失に高い効果が期待できるのです。

免疫療法の種類

がんワクチン療法

がん細胞から直接採取したがん抗原や、人工的に合成したものをワクチンとして体内へ投与する治療法。皮下の樹状細胞ががん抗原を取り込みリンパ節へ移動します。そこでT細胞へと情報が引き継がれ、免疫システムの働きを推し進めます。

【注意点】

免疫力が低下している患者さんの場合は、樹状細胞やT細胞がきちんと情報の受け渡しを行い、想定通りに免疫力を活性化できるかというと不安が残る方法です。

樹状細胞療法

がんワクチン療法の仕組みの一部を、体外で行う方法です。採取した患者さん自身の血液から単球(P2◎血液中の成分とその役割へリンク)を取り出し、樹状細胞化します。そして、体外で樹状細胞へ人工的にがん抗原を投与し、がんの情報を教え、体内に戻します。身体に戻された樹状細胞からT細胞へと情報を引き継がれることで、免疫力が強化されるのです。

【注意点】

がんワクチン療法と同様に「がん情報」が樹状細胞からT細胞へきちんと受け渡されることが前提の治療法で、効果は患者さんの免疫システムの機能に依存します。
※樹状細胞が、直接がん細胞に作用するわけではありません。

活性化リンパ球療法

採取した血液中からリンパ球のみを分離させ、体外で大量に増やし身体へと戻す方法です。がんワクチン療法や樹状細胞療法と異なるのは、直接がん細胞と戦う細胞を人工的に増やすという点にあります。

【活性化リンパ球療法の種類】

細胞の役割や、狙うがん細胞によって次の4つの方法があります。 T細胞治療・NK(ナチュラルキラー)細胞治療(P8へリンク)・NKT細胞治療・γδT細胞治療。

【注意点】

活性化リンパ球は血管から体内へ戻しますが、対象とする特定の異常細胞(がん)をしっかり殺傷する攻撃力・特異性を確実に発揮できるかどうかという点が今後の課題として考えられています。

身体への負担が少ない免疫療法

がん免疫治療が注目を集めているのは、副作用が少ない点にあります。患者さんご自身の血液から取り出した免疫細胞を増殖させたり活性化させたりして体内に戻す手法ですので、ほとんどのケースで拒絶反応や大きな副作用がありません。そのため、これまで身体へのダメージが大きい治療を受けられた患者さんやその闘病を支えてこられたご家族にとって、大きな負担となっていた「副作用の苦しみ」が少ない、安心して受けられる治療法として関心を寄せられているのです。

気になる副作用は「発熱」程度

当センターで行っている免疫療法において、これまでに副作用として起きた症状は38℃ほどの発熱のみで、その確率は20%程度。また、このような発熱が起こるのは当日のみで、翌日以降も続くようなものではありません。この発熱は免疫力が活性化された証拠でもあり、「体調がよくなった」「お肌の色ツヤが向上した」とおっしゃる患者さんもいるほどですので、ご安心いただければと思います。

当センターで行っている活性化リンパ球療法をご紹介します。 NK細胞治療

当センターへ寄せられる免疫療法への不安や疑問、質問と答えをご紹介しています。 よくある質問