院長紹介

院長紹介

院長 鬼頭和裕

経歴

  • 名古屋大学医学部卒業
  • 公立陶生病院麻酔科(瀬戸市)
  • 名古屋大学医学部附属病院麻酔科ペインクリニック
  • 名古屋大学大学院医学研究科(眼科)
  • 眼科杉田病院(名古屋市中区)

資格

  • 医学博士(再生医療)
  • 日本眼科学会認定専門医
  • 厚生労働省認定麻酔科標榜医
  • 日本角膜学会専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 身体障害者福祉法指定医師【視覚の障害に関するもの】

医療コンセプト

愛知県岡崎市の「免疫療法センター」の、がん医療に対する姿勢、コンセプトについてご紹介します。

がんに打ち勝つ高い免疫力を患者さんの身体によみがえらせます

病名は同じ「がん」であっても、その症状は患者さんごとにそれぞれ異なります。がんのみならず、患者さんのお気持ちには、一つとして同じものはありません。生死に大きくかかわる病気であることから、がんの告知を受けたショックには計り知れないストレスがあります。医療従事者の心ない言葉に絶望を感じられた方も少なくありません。また、がん3大治療と呼ばれる「抗がん剤治療」「放射線治療」「外科手術」でも思ったような効果が得られず、途方に暮れてしまわれて「がん難民」を名乗る方すらいます。

第四のがん治療として注目を集める「免疫療法」は、患者さんご自身の免疫力を活性化させる治療法です。具体的には、免疫細胞を増加・活性化させ患者さんの体内へ戻すのですが、まさにこの方法は、患者さんの内側から「がんと戦う力」を応援する方法。「免疫療法」は、悪い部分(=がん)を消し去る治療ではありません。戦う患者さんを限りなく親身に応援し、はげます治療を行っていると考えています。

再生医療の専門家としてがん治療の未来を明るくしたい

当院の院長は、大学病院にて再生医療を専門に学び、研究を続けてきました。今、日本人男性の2人に1人、女性の3人に1人ががんのリスクを推測され、3人に1人ががんによって亡くなってしまう時代です。がんを告知されても、どうすればいいのか方法がわからず、何もできず死を迎える方が多くいらっしゃいます。これまでの「がん患者の運命」を変えていきたい、1人でも多くの患者さんを救いたい、そう思って、自分が学んだ再生医療を活かせることはないかと考えました。そうしてたどり着いたのが免疫療法です。

信頼の元となるコミュニケーションを大切にしています

どんなに高度で最先端の治療法であっても、医師と患者との信頼関係が築けていなければ、その治療効果は半減してしまうといってもよいのではないでしょうか。ことさら、免疫力に関しては、心の持ちようが良くも悪くも大きな影響を与えかねません。がんを克服し「免疫療法」を通じて、心と身体を元気にする治療を目指しましょう。

私たちは診療・治療を通じて、患者さんが治療に立ち向かわれる意志を尊重し、また、その身体の内側から発揮される「免疫力」という、人間が本来持つ力を応援します。そのためにも、患者さんのお気持ち、患者さんを支えるご家族のお気持ちをしっかり把握し、的確なアドバイスと医療技術を提供できるよう、その声に耳を傾けます。どうぞ安心して遠慮なく、私たちにその胸のうち、苦しみをお伝えください。

「瀉(シャ)」と「補(ホ)」のバランスを考えた治療

漢方治療の考え方に、「瀉(シャ)」と「補(ホ)」というものがあり、このバランスが大切だといわれています。「瀉(シャ)」は、身体に悪影響を与えている原因を取り除くこと。がん治療でいうと3大治療法とされる、「抗がん剤」「放射線」「外科手術」などがこれにあたり、攻撃の治療法といえます。一方、「補(ホ)」とは、人間の持つ自然治癒力を高め、病気に負けない身体を支える守りの治療法。つまり、免疫療法は「補(ホ)」にあたります。

そして私たちは、「瀉(シャ)」の治療ばかりではうまくいかなかったことも、「補(ホ)」の治療によってバランスを保つことで、自然で無理のない治癒力が実現するのではないかと考えています。これまで、そして現在も「瀉(シャ)」の治療を行っている方、ぜひ「補(ホ)」の治療という選択肢もあるということを覚えておいてください。そして「補(ホ)」の治療を受けたいと思われたら、どうぞ迷わず当センターへご相談ください。