免疫療法とは

免疫療法は第4のがん治療としても注目されています

「抗がん剤治療」「放射線治療」「外科手術」は、がんの治療法として一般的にも広く認識されています。ただ、この3つの治療はがんを縮小したり、取りのぞいたりすることはできますが、最終的にがんという病気に打ち勝てるかどうかは、患者さん自身がもつ免疫力にかかっています。

免疫療法は第4のがん治療としても注目されています

こちらのページでは、愛知県岡崎市でがん治療を行う「免疫療法センター」が3大がん治療に続く第4の治療法として注目されている「免疫療法」をご紹介します

人間の免疫力によって病気を治療する免疫療法

人間の免疫力によって病気を治療する免疫療法

免疫療法とは、人間がもつ免疫力(自然治癒力)を最大限に活用することで病気を治療する療法です。ウイルスなどの病原菌やがん細胞などの人間にとっての異物に対して、白血球の認識・識別する能力を高めて免疫機能を活性化させることによって、異物の破壊・排除を促す療法を総称します。

免疫療法には主に以下の3つの方法があります。

  • (1)自然免疫や獲得免疫を利用する方法
  • (2)免疫力を担っている白血球や抗体を利用する方法
  • (3)がん細胞を攻撃する白血球や抗体を身体の中に増やす方法
人間が生まれつきもっている自然免疫

「自然免疫」とは、人間が生まれつきもっている免疫系を指します。異物の侵入を察知して最初に駆けつける免疫反応です。異物に対してすぐさま攻撃を仕かけ、身体が自然に反応する免疫であることから自然免疫と呼ばれています。また、相手を特定せずにどんな異物に対しても無差別に攻撃することから「非特異的免疫」という別名もあります。

後天的に備わる獲得免疫

「自然免疫」と対をなすのが「獲得免疫」です。獲得免疫は生まれたときには備わっておらず、後天的に獲得されます。異物(抗原)に遭遇するたびにそれぞれの異物ごとに最良の攻撃方法を学習し、抗原を記憶。獲得免疫が「特異免疫」とも呼ばれているのは、過去に遭遇した抗原に対し、それぞれに応じた(特異的な)攻撃を行うからです。学習力、適応力、記憶力の3点に優れているといえます。

がんにおける免疫療法

人間の体内では常にがん細胞が作り出させています。健康な人でも毎日3000~4000個ほどのがん細胞が誕生しています。しかし、ほとんどの人ががんに侵されずに健康体を保っていられるのは、がん細胞を排除する免疫力が正常に機能しているからです。

がんにおける免疫療法

異常を生じた細胞は随時、免疫によって排除されるのでがんの発病に至るケースは稀といえます。つまり、がんの増殖が免疫細胞による排除を上回った場合にのみ、「病気としてのがん」が発症します。

がんは一度発症すると自身に免疫を上回る力が生じてくるため、駆逐することが困難になります。
ゆえにすでに発症してしまったがんを免疫細胞の力で排除するためには、免疫細胞の働きを活性化させなければなりません。

がんにおける免疫療法

がん免疫療法には、主にT細胞を活性化させた療法やがんワクチン療法(がんペプチドワクチン療法)、樹状細胞療法、NK細胞療法などがあり、その目的はいずれも免疫細胞であるリンパ球を活性化させようとする療法です。